上泉秀人さん工房訪問レポート

3

本日はOz Zingaroにて取り扱いさせて頂いている、上泉さんの工房をお邪魔して来ました。
右に写っているのが工房です。
折角なので、記事としてお送りさせて頂ければと思います。
<プロフィール>
http://oz-zingaro.jp/category/artists/kamiizumihideto/

2

私が到着してすぐ、せっせと「今、人が座れるスペース作るから」と
奥で居間の片付けをしてくれている上泉さん。
入口からもう既に古道具が好きな上泉さんらしい雰囲気が醸し出ていました。

3_2

都内から車で2時間程走らせた青梅郊外に、工房はあります。
こちらは、玄関先で生成した釉薬を保管。
釉薬はご自身で長石や石灰石を調合し、そこにほんの少し、青梅の土を混ぜてます。

4

お客様にはと上泉さんの器でお水とプチトマトを頂きました。
プチトマトというところに愛らしい上泉さんらしさがあり、ほっとしました。

5

早速仕事場拝見。と思ったのですが、巡業からお帰りになられたばかりで現在は片付け中。
ということで、そっと中だけ見せてもらいました。

6

先ほどの現場で上記のような美しいうつわ達が出来上がります。
上泉さんは瀬戸の訓練校でうつわを学び、東京に戻って窯を持ち、制作をしております。
土自体は瀬戸の土を使用しておりますが、そこにもほんの少し、青梅の土を混ぜ、
瀬戸の真っ白なうつわに青梅の土のプチプチとした黒い点々の表情が生まれます。

7

ロクロ場の裏に回ると、上泉さんが使用しているガス釜。
直径10cm弱くらいの湯呑みならば100個程一度に焼けます。

8

すぐ裏には川も流れており、とても自然いっぱいで都内とは思えないです。
ゆったりとした空気が流れ、上泉さんととてもマッチした暖かい環境でした。

9

こちらは削った残り土等の再生用バケツ。水に浸して再生し、再利用します。
横に写っているゲージはネコちゃんを飼っていたそうですが、
先週ゲージから出したら逃げてしまったとのこと。。。帰りを待ってます。

10

居間に戻り仕事のお話。
と、いきたいところなのですが、気になるものがそこらかしこに置いてあり、
質問攻めにしてしまいました。。。
こちらは上泉さんが好きな古道具類がそこらかしこに散らばっています。

11

天井から沢山ぶらさがっている「可愛いもの達」は、知り合いの作家さんが作成したものや、
自分が気に入ったもの。上泉さんはカエルが好きで、カバンにはいつもカエルがぶら下がってます。

12

本棚にも沢山の本が。
風の谷のナウシカを見つけ「宮崎駿さんのファンですか?」と伺ったところ
「風の谷のナウシカのファン」だそうです。

13

仕事の話しも終え、帰宅しようと玄関に出た際にも発見。古道具や、ちょっと不思議なもの。
しかしどれもその風景に馴染んでいて素敵なんです。

14_2

また、次にお会いする事を約束し、私は帰路につきました。
上泉さんの工房は想像通りの工房で、ご自身もおっしゃっておりましたが、
けして綺麗な環境ではないですが、とても、上泉さんと、もの(古道具や可愛いもの達)、
工房、うつわ、土、が合っていて、素敵な場所でした。
上泉さん、お招き頂きありがとうございました!

  • CATEGORY

  • Calendar

    11月 2017
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ARCHIVE

  • facebook

    Search

    ACCESS

    • 〒164-0001
      東京都中野区中野5−52−15
      中野ブロードウェイ 4F
      03-5318-4150
      開廊時間:12:00 - 19:00
      定休日:通常は水曜定休とさせて頂きますが、その都度お知らせ致します。

      マップはこちら